プロフェッショナルに相談する

私達が何らかの発生した問題を自力で解決しようとすることは多くあります。それは、経験と知識に基づくものですが、確実にそれを成功させるための一つの要素が欠けていることがあります。それが、いわゆる『プロフェッショナル』であること、という点です。私達はある程度まで問題を解決することができます。しかし、とっさの偶発的な問題がさらに発生した場合、それに対応できないことがあります。場数を踏んでいる訳でもありませんし、その問題に対処できる、根本的な知識などが無いからです。

ですから私達は、いつそういった問題に直面する可能性があるか分からない、ということを意識し、『弁護士』というような『プロフェッショナル』に、交通事故のような、偶発的な問題が発生しやすい問題に関して、頼ることが大切である、ということを覚えておくべきでしょう。特に、それが初めての事であればなおさらである、と言えます。

弁護士に相談するにあたって、弁護士によっては初回の相談は無料を実施していることがあります。また、専属弁護士がいる場合特約を利用できるかもしれません。そのように、積極的に頼ることによって、後回しにすればするほど発生しやすい問題に対処できます。

慰謝料基準はそれぞれ異なる

交通事故において慰謝料の査定基準となるのは、それがどの「基準」によるのか、という点がポイントとなります。例えば被害者の立場が私達だとして、できるだけ慰謝料は多く貰いたい、と思うのは当然のことです。慰謝料の計算は、それが『自賠責保険』の基準であるかどうか、また、加入している『任意保険』の基準であるかどうか、そして最後に、依頼している『弁護士』の基準であるかどうか、という点です。この中で、もっとも多く金額が貰えるのは、『弁護士基準』です。

弁護士基準が一番多くもらえるのならば弁護士基準で請求すれば良いのでは?と思われるかもしれませんが、もし私達が『個人で交渉にあたっているならば』それは簡単なことではありません。その基準を実際に適用させるために、やはり弁護士に相談するということが賢い方法である、と言えます。

参照資料・・・交通事故の慰謝料・弁護士への無料相談|弁護士法人アディーレ法律事務所

弁護士に相談する際は、これまでに交通事故の案件を多く扱ってきて経験がある弁護士に相談・依頼したい、と思われるかもしれません。しかし、実際に誰に相談すれば良いのか分からない、という方が多いかもしれませんから、そういった方は無料で相談を行っているところや弁護士事務所に直接問い合わせてみるのも良いかもしれません。

慰謝料の基準とは

さて、「交通事故」について取り上げる上で、その多くがポイントとなるのが、『慰謝料』と、それを含む賠償金に関することです。良くメディアでも取り上げられる『慰謝料』ですが、それは何らかの出来事において、身体的、または精神的な苦痛を受け、それに対する賠償を請求すること、と言えるかもしれません。交通事故においては、その身体的、そして精神的な損害両方が当てはまることがあります。どちらにしても、交通事故の程度によって変わりますが、慰謝料を請求することができます。

ただし、これも『特定』の金額というものが、ある意味で基準でしかなく、その案件によって請求される慰謝料が大きく異なる場合があります。外側だけ見れば似たような事故であるのに、被害者が受け取った慰謝料額が大きくことなることもあります。死亡事故、となれば当然ですが支払われる慰謝料も大きくなりますが、やはりそれも事故によってかなりばらつきがあります。

事故が発生したのちは、被害者側は事故を起こした側が加入している保険会社(自賠責)と交渉を行うことになります。この時、個人がそのまま交渉を行うのではなく、弁護士に依頼しているならよりスムーズに交渉が進むでしょう。

慰謝料請求に関して弁護士に相談

法的な処理を必要とする物事の場合、私達はそれらに関する情報を、インターネットから得ようとするかもしれません。インターネットからはそういった情報を取得することができますが、実際に行ってみるとすると、それ以外の手間が掛かることがあります。本来であれば自分で行えるようなことであっても、細かな点で不明点があったりするとその処理に関して不安になったりするでしょう。そういった場合、私達は誰にサポートを求めることができるでしょうか。その一つの手段が、弁護士に相談する、ということです。

弁護士には、様々な法律相談が行えます。それには、借金問題や相続、遺産の問題、離婚問題、また、債務整理に関する事柄、そういった多様な事柄に関してサポートを求めることができます。皆さんも相談されたことがあるかもしれませんが、もちろん『相談する』ことだけでなく、それらの問題が『裁判』に発展した場合は、相談にかかる以上の費用が発生すると思ってよいでしょう。相談する際には、その弁護士費用の事も考える必要がある、と言えます。

さて、そのように私達は法的なトラブルを抱えた時弁護士に相談することができますが、やはり個人としては大きな問題となる一つが、『交通事故』に関連する問題です。単に交通事故を起こしたので助けになってほしい、ということではなく、事故によって発生する賠償問題、それに関連して弁護士に依頼することは、被害者の立場であればさらに強みとなります。