慰謝料基準はそれぞれ異なる

交通事故において慰謝料の査定基準となるのは、それがどの「基準」によるのか、という点がポイントとなります。例えば被害者の立場が私達だとして、できるだけ慰謝料は多く貰いたい、と思うのは当然のことです。慰謝料の計算は、それが『自賠責保険』の基準であるかどうか、また、加入している『任意保険』の基準であるかどうか、そして最後に、依頼している『弁護士』の基準であるかどうか、という点です。この中で、もっとも多く金額が貰えるのは、『弁護士基準』です。

弁護士基準が一番多くもらえるのならば弁護士基準で請求すれば良いのでは?と思われるかもしれませんが、もし私達が『個人で交渉にあたっているならば』それは簡単なことではありません。その基準を実際に適用させるために、やはり弁護士に相談するということが賢い方法である、と言えます。

参照資料・・・交通事故の慰謝料・弁護士への無料相談|弁護士法人アディーレ法律事務所

弁護士に相談する際は、これまでに交通事故の案件を多く扱ってきて経験がある弁護士に相談・依頼したい、と思われるかもしれません。しかし、実際に誰に相談すれば良いのか分からない、という方が多いかもしれませんから、そういった方は無料で相談を行っているところや弁護士事務所に直接問い合わせてみるのも良いかもしれません。