慰謝料の基準とは

さて、「交通事故」について取り上げる上で、その多くがポイントとなるのが、『慰謝料』と、それを含む賠償金に関することです。良くメディアでも取り上げられる『慰謝料』ですが、それは何らかの出来事において、身体的、または精神的な苦痛を受け、それに対する賠償を請求すること、と言えるかもしれません。交通事故においては、その身体的、そして精神的な損害両方が当てはまることがあります。どちらにしても、交通事故の程度によって変わりますが、慰謝料を請求することができます。

ただし、これも『特定』の金額というものが、ある意味で基準でしかなく、その案件によって請求される慰謝料が大きく異なる場合があります。外側だけ見れば似たような事故であるのに、被害者が受け取った慰謝料額が大きくことなることもあります。死亡事故、となれば当然ですが支払われる慰謝料も大きくなりますが、やはりそれも事故によってかなりばらつきがあります。

事故が発生したのちは、被害者側は事故を起こした側が加入している保険会社(自賠責)と交渉を行うことになります。この時、個人がそのまま交渉を行うのではなく、弁護士に依頼しているならよりスムーズに交渉が進むでしょう。